マツコの知らない世界に登場する口笛の達人青柳呂武(ろむ)とは?

青柳呂武(ろむ)!

マツコの知らない世界に出ることで話題になっていますね。

今回も「ヤバいやつ」だそうです(^^

どんな方なのか早速調べてみました!

スポンサードリンク

口笛の達人とは?

番組がつけた肩書のようですね。

ご本人は19歳で国際口笛コンクール2014で
日本人初のチャンピオンとなっています。

実際に達人であることは間違いありません。

ちなみに、このコンクールには初出場で、
当時の本業(?)はバイオリンだったようです。

口笛の達人の職業は?

ご自身はその後プロとして活動されていますが、
口笛のプロという仕事は日本にはありませんでした。

ですが、口笛奏者はたくさんいて、情報交換などのための組織もあるようです。

主なお仕事はコンサートや口笛教室、アーチストなどのバック音楽の演奏です。

経歴を見る限り、一部の奏者は口笛の仕事だけで
食べていけるくらいの収入を得ていると思われます。

そうすると、実質プロと言えますね。

口笛奏者とは?

そもそも世界的に歴史が浅いため一般的ではありません。

アーティストのバックミュージックやオーケストラでも、
変わり種としてある飼われることがほとんどのようです。

必然的に、ソロコンサートやセッションの演奏が中心となっています。

また、奏者自身が楽器となるため、
他の楽器と違って、一人ひとりの音色が異なるのが特徴です。

技術を学んだからと言って、他人と同じ演奏はできないようです。

反対に、個性が出やすい分、口笛は音楽性が高いと言えます。

青柳さんは技術もさることながら、口笛で音楽的な表現をするのが
他の奏者より優れているそうです。

以上!青柳さんもアーチストとして活動されていますが、
経歴を拝見する限り、またお仕事としては発展途上と言えるかもしれません。

今後に期待ですね!

少しでも皆さんの話題作りのお役に立てたらうれしいです!

青柳さんのテクニックと超絶演奏集はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク