藤枝小4男児切りつけ犯人特定?同機はいじめの復讐!実家、名前と顔は?

藤枝小4男児切りつけ事件の犯人!

犯人が18歳男性と報道されましたね。

同じ藤枝の看護師殺害に続いて
また大きな事件が起こり、
非常に話題になっています。

しかも動機がいじめの復讐。

復習といっても、
相手がいじめた本人ではないので
小学生相手に憂さ晴らしの殺人
を行ったことになります。

非常に気分の悪い話ですね。
思わず胸糞と言いたくなります。

ということで、
藤枝小4男児切りつけ事件の犯人
について調べてみました!

スポンサードリンク

藤枝小4男児切りつけ事件の犯人特定!

犯行現場は人通りの少ない道路。

出典:mainichi.jp

高洲南小学校4年の男子児童(9)は
包丁で20㎝ほど切られて、
骨折していたそうです。

力任せに包丁でたたきつけたのでしょう。

刃を引くように切られていたら
もっと刃が深く入っていた
可能性もありますから、
九死に一生ですね。

犯人は自称同市在住18歳少年。

高校生や大学生の表記がないことから
無職だと分かります。

小学校の時の復讐で
殺人を計画するくらいなので
中学校と高校は不登校かも。

いじめ不登校からの犯罪者は
風評被害が凄いので
今回の事件も残念でなりません。

犯行時に包丁の他に
金づちを持っていました。

家から持ち出したものか
家の近くで購入した物だと
考えることができます。

後述する動機から考えると
高洲南小学校出身者と見て
間違いないでしょう。

同じく後述する実家の近くには
杏林堂薬局しかないので
包丁や金づちを購入したとすれば
杏林堂薬局でしょう。

一応バイトはできる年齢ですが、
復習と称して小学生に暴力をふるうほど
こじらせていたのであれば、
ほとんどのバイトは無理だと思います。

近くにドラックストア
しかないのであればなおさら。

基本的に引きこもりだったのでしょう。

藤枝小4男児切りつけ犯人の動機はいじめの復讐!

前述の通り犯人の少年は
いじめの復讐だと言っています。

ですが、よく調書を確認すると
いじめにあったのは小学生の頃。

最低でも6~12年前なので、
被害者の男の子は無関係です。

被害者の男の子が3歳の時に
12歳の加害者の少年をいじめる事は
ありえないと思いうので(^^;

この少年は約10年前のいじめの
憂さ晴らしとして小学生を
殺そうとしたということになります。

しかも学校に乗り込んでいったので、
無差別殺人の予定だったのでしょう。

学校を困らせて学校に復讐とも言えますが、
普通復讐っていじめっ子にしますよね。。

もはや復習でも何でもない
ただの殺人鬼に思えるのですが。。

この動機についてはSNS上でも
かなり批判的にみられています。

動機が分かる前から
狂っているとまで言われていたので
油に火を注ぐ証言となりました。

藤枝小4男児切りつけ犯人の顔と名前、実家は?

18歳未満ということであり
藤枝小4男児切りつけ犯人の
顔と名前は今のところ非公開です。

ですが、過去に未成年の凶悪犯が
顔と名前を好評されたことが
何度もありました。

今回死者は出ていませんが、
そうとう凶悪だと思います。

今後公表される可能性は
低くないと思います。

実家の住所については
おおむね特定できました。

小学生の頃から引越しを
していないとすれば、
住んでいる家も現場に近いはず。

犯行現場と高洲南小学校の場所は
こんな感じの位置関係です。

出典:google.co.jp/maps

家からまっすぐに学校に向かっていたとすると
この線の延長線上に家があることになります。

ちなみに高洲南小学校の学区は
こんな感じです。

出典:gaccom.jp

ピンの場所が小学校。

まっすぐ北に行って、
小学校と線路の真ん中が
犯行現場です。

それより北の学区内。

この非常に狭いブロックのどこかに
18歳少年の実家があります。

ちなみに前述の杏林堂も
学区内で画像に写っています。

藤枝小4男児切りつけ事件の犯人についてのまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回の話を最後にまとめてみると
このような感じです。

・藤枝小4男児切りつけ事件の犯人特定!

諸学校から不登校の無職の引きこもりっぽい。

・藤枝小4男児切りつけ犯人の動機はいじめの復讐!

学校に復習を目的とした
実質無差別殺人っぽい

・藤枝小4男児切りつけ犯人の顔と名前、実家は?

18歳だけど顔と名前は今後公開されるかも、
実家は大体の場所は調べられそう。

本日の内容をまとめると
この様な感じでした。

少しでも皆さんの
お役に立てたらうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク