川原俊夫の映画化ドラマめんたいぴりり、原作本は?長男と妻、韓国、明太子ふくやについても(アンビリバボー)

川原俊夫!

明太子で有名な「ふくや」の創業者です。

昔の人ですが、偉人として時々メディアで紹介されます。

今回もアンビリバボーで紹介されて話題になっていますね。

さらに、来年はテレビドラマめんたいぴりりの
映画化も予定されているとの事。

ということで、川原俊夫について調べてみました!
気になる原作や、長男、妻、韓国でのエピソードも調べていきます!

スポンサードリンク

川原俊夫(明太子ふくや)のテレビドラマ「めんたいぴりり」とは?映画化はいつ?

こちらがテレビドラマめんたいぴりりです。

出典:http://piriri.tv/

テレビ西日本開局55周年記念のドラマとして作成されました。

主演は博多華丸、全16回の連続テレビドラマ。

2013年8月に放送。

当時予想以上に反響があり、
再放送やフジテレビでの放送も行われました。

主人公の名前は違いますが、
物語は川原俊夫さんの人生と一致しています。

川原さんの外見やプロップもかなり似せてありますね。

出典:fukuya.com/

こちらの写真は当時のふくやで撮影された、
川原さんご本人です。

まさに川原さんのドラマ化と言えるでしょう。

といっても、多少の脚色はあるかもしれませんが。

さらにドラマの反響を受けて2015年に続編も作成。

出典:youtube.com

ご覧の通り、無印の福岡時代の一部を
ピックアップして掘り下げたなようになっています。

ちなみにこちらは博多町人文化勲章と
日本民間放送連盟賞テレビドラマ部門優秀賞を受賞。

今でも地元を代表する傑作ホームドラマで、
多くのファンがいます。

そして今回の映画化はこんな感じ

出典:https://natalie.mu/

2月28日の制作発表会の画像です。

通常撮影は1-2ヵ月なので、
現在は撮影は完了していると思います。

予告動画が公開されたり試写会が行われる日も
割と近いのではないでしょうか。

公開は2019年1月の予定。

川原俊夫(明太子ふくや)の映画&ドラマ「めんたいぴりり」の原作本は?

原作はこちら

出典:amazon.co.jp

2013年に出版された本です。

川原さんをそばで見続けてきた
ふくやの川原健さんが自ら筆を執って記録した本です。

ほとんど自叙伝に近い、大変価値のある本です。

健さんは川原さんの長男です。
後ほど詳しく触れたいと思います。

こちらの本は

「美味しいものは必ず売れるようになるんだ」
「明太子は普段のおかずだから高く売ってはいけない」
「受けた恩は石に刻め、施した恩は水に流せ」

といったような多くの名言があります。

資料的価値も素晴らしいのですが、
地域の商売人の哲学がたっぷり詰まっていて、
読み物としても楽しめます。

ドラマとは違った深みがあるので、
川原さんに興味を見っている方にはおすすめです。

川原俊夫(明太子ふくや)の韓国(釜山)のエピソードは?

まずは、こちらの動画の前半部をご覧下さい。

出典:youtube.com

最初の1分は満州(中国)ですが、

その後に釜山(韓国)時代の回想が流れます。

ダイジェストなので時間は数十秒ですが、
とても重要な場所だったことが分かります。

明太子も祭りも人間関係も、
川原さんの原点は全て釜山にありました。

妻の田中千鶴子(本名)は、
家同士が仲が良いご近所さんでした。

その後人生をかけて開発した明太子も、
元は韓国のメンタイです。

博多祇園山笠でさえ、
元々は釜山のお祭りです。

川原さんがそれを博多で再現し、
特許を取らずに他の山笠も参加できるようにしたので
現在の博多祇園山笠まで発展してきました。

博多の文化に大きな影響を与えた川原さんですが、
その原点は釜山(韓国)での青春時代の思い出があったのですね。

スポンサードリンク

アンビリバボーの川原俊夫(明太子ふくや)の長男は?

出典:hakata.keizai.biz/

こちらが長男の健さんです。現在75歳。

満州で生まれ、4歳で帰国。

ふくやの手伝いをしながら学校に通い、
高校卒業後慶應大学へ進学。

その後旧福岡シティ銀行に入社し、
41歳で部長にまで出世しています。

この時、社会人として自信をつけて銀行を退社。

1984年に家業を継ぎに福岡へ帰ってきます。

10年ほど専務をして社長に就任。

ですが、その後3年で弟に社長を譲って
現役を引退してしまっています。

アンビリバボーでは川原さん時代しか
ピックアップされませんでしたが、
健さんもすごい経営者です。

自社工場とコールセンターを作り、
実店舗を多数出展。

業績を凄まじい勢いで伸ばしまくって、
当時はとても有名な経営者でした。

引退後もノルウェー王国名誉領事をやったり、
経営塾を開いて地元の後継者を育てたりと
経済界で大変な活躍をされています。

アンビリバボーの川原俊夫(明太子ふくや)の妻は?

釜山から幼馴染だった田中千鶴子です。

出典:fukuya.com

実家は近所と描きましたが、
ご実家は釜山物産組という貿易商で、
いわゆる良いとこのお嬢様でした。

アンビリバボーやめんたいぴりりで見せた気丈さは
こういう育ちから来るところもあるかもしれません。

川原さんの明太子作りも、
元々は千鶴子さんが「もう一度食べたい」
と言ったことで開発を始めたとの事。

しかも、その明太子で会社をするのは
千鶴子さんのご実家からの提案だったそうです。

川原さんは良いパートナーに恵まれていたんですね。

あと、めんたいぴりりにも出てきますが、
非常に足が速かったようですね。

当時100mの挑戦記録保持者で、
オリンピックの金メダリストから
日体大へ推薦の誘いも受けていたとの事。

釜山東寺の写真はありませんが、
福岡時代の写真でも結構背が高いですよね。

結構なアスリートだったのかもしれません。

川原俊夫についてのまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回の話を最後にまとめてみるとこのような感じです。

・川原俊夫(明太子ふくや)のテレビドラマ「めんたいぴりり」とは?映画化はいつ?

2013年に無印、2015年に2が放送して話題に。
映画は19年1月公開。

・川原俊夫(明太子ふくや)の映画&ドラマ「めんたいぴりり」の原作本は?

長男の健さんが2013年に執筆。

・川原俊夫(明太子ふくや)の韓国(釜山)のエピソードは?

明太子とか山笠とか青春の思い出がいっぱいな感じ。

・アンビリバボーの川原俊夫(明太子ふくや)の長男は?

長男の健さんも有名な経営者。

・アンビリバボーの川原俊夫(明太子ふくや)の妻は?

貿易商のお嬢様でアスリートだった感じ。

本日の内容をまとめるとこの様な感じでした。

少しでも皆さんの話題作りのお役に立てたらうれしいです。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク