時計師の菊野昌宏の彼女は?恋人や結婚、年収についてwiki風経歴(プロフィール)

菊野昌宏!

世界に30人しかいない独立時計師の一人です。

世界最高峰の時計師の一人ですが、若くてイケメンということで
今後も話題性が高いと思います。

ということで、早速調べてみました!

スポンサードリンク

彼女はいるの?恋人、結婚は?

結論から言うと、既婚者です。

もともと恋人がいたようですが、
時計師になりたての修行期間にご結婚されています。

菊野昌宏さんは特に奥様のお名前を発言していないようなので、
名前は伏せておきます。

現在は奥様もお仕事を手伝っていますので、
すぐに誰かわかると思います。

菊野さんの経歴は後述しますが、この時期は既に無職です。

プロとして出品はしていましたが、その年は販売はしていません。

時計作りは精度の高い道具がなければほぼ不可能で、
そういった道具は非常に高額です。

無職で無収入のご結婚を決意されるのは大変な勇気だと思います。

年収はいくら?

独立時計師として出品するような時計は1本2000万ですが、
1本作るのに1年かかるそうです。

また、新作は500万円で価格に幅もありますし、
お仕事を拝見すると1シーズンに1品のみというわけではないようです。

その他にメディアの出演もあり、講演や時計師の講師もしているようです。

そうすると年収はトップクラスの工芸家の年収+2000万円
ということになります。

おおよそ3千万円とみても良いでしょう。

wiki風経歴(プロフィール)

wiki風に箇条書きご紹介します。

  • 名前:菊野昌宏(きくのまさひろ)
  • 1983年2月8日北海道深川市に生まれる
  • 1998年地元の深川西高校に入学
  • 2001年帯広の陸上自衛隊に入隊
  • 2005年辞表を出して上京
  • 2005年専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ入学
  • 2008年同専門学校を卒業し研究生に
  • 2009年同専門学校の講師になる
  • 2010年代表作和時計シリーズの原型が完成
  • 2011年ヒコ・みづのジュエリーカレッジを退職
  • 2011年独立時計師の出品会(バーゼルワールド)に参加
  • 2011年初の出品作となるトゥールビヨンが売れる
  • 2012年同出品会に参加、ただし販売は無し
  • 2012年日本人初の独立時計師として認められる
  • 2013年結婚
  • 2013年新作が完成し、販売再開
  • 以降、新作の開発や販売が軌道に乗り現在に至る

長くなりましたが、おおむねこのような感じです。

昔から職人気質で、自衛隊へ入隊したのも
銃の構造に興味があったからだそうです。

その自衛隊でオートマータの時計を知り
専門学校へ行くことを決めたのだとか。

和時計に限らず、当時の日本には
時計を一から手作りで完成させる職人がいなかったようです。

専門学校で学ぶのも既製品の修理のみ。

菊野さんの技術は完全に独学です。

和時計は他の時計と根本的な構造が違いますから
もはや制作というか開発ですね。

この素養があったからこそ最短で独立時計師になったのかもしれません。

まとめ

以上!いかがでしたでしょうか?

現在ではもう一人日本人独立時計師がいますが、
時計師としての知名度は菊野さんが一番です。

今回は時計や資格にはあまり触れませんでしたが、
機会があれば、そのあたりも書いてみたいと思います。

経歴とパートナーや年収だけでは
菊野さんの時計師としての側面は伝えきれないですからね。

少しでも皆さんの話題作りのお役に立てたらうれしいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク