リアル「コード・ブルー」今明秀先生のドラマよりハードなエピソード!

今明秀!

情熱大陸で特集されるということで話題になっていますね!

人気ドラマのコードブルーと同じく、
ドクターヘリのフライトドクターなのだそうです。

ドラマのような劇的なエピソードは実際にあるのでしょうか?

早速調べてみました!

スポンサードリンク

 ドクターヘリ出動!

普段は救命救急センターでドクターをしています。

救命救急センター自体も非常に忙しく過酷な労働環境として、
有名ですよね。

労働環境が厳しいので働きたい人が減って、
より忙しくなるという悪循環が続いている現場の一つです。

今先生は普段このような現場で若い医師と一緒に働いています。

・・・ですが、ひとたび出動要請がかかると、
警察官や消防士のように現場へスクランブル出動。

5分以内にヘリが飛び立つので、パイロットはもちろん、
今先生をはじめとするフライトドクターもヘリに
駆け足で乗り込みます。

5分ですよ!

救急センターは大きな建物です。

ブザーが鳴った時に目の前に手術の必要な患者も
いる事でしょう。

オペ用の格好のままヘリに乗るわけにもいきませんし、
最低限の身支度も必要と考えると、

ヘリまでは全力疾走に近いのではないでしょうか?

これが今先生の、フライトドクターの今の仕事風景です。

仕事として考えると、現実はドラマよりもハードかもしれませんね。

ドクターヘリのパイロットについてはこちら

なぜ八戸のドクターヘリが注目されているのか?

当然ですが、ドクターヘリは全国にあります。

ですが、青森県は本州の端で、多くのへき地があります。

当然、医療が行き届いておらず、緊急の際は都市部から
救急車などが向かいます。

とても間に合うわけがありません。

対してドクターヘリは時速300㎞で地形に関係なく直行。

新幹線なみの早さです。

しかもドクターが乗っているので、現地で手術できます。

僻地が多い青森県は、他の件よりもドクターヘリの
需要が高かったのです。

そして、現在ドクターヘリが特に成果を上げている県となったのです。

このドクターヘリのチームを立ち上げたのが今先生です。

もちろん八戸以外にも候補の病院はあったのですが、
今先生の提案が採用されて八戸に決まりました。

ここもドラマと違い、ドクターの枠を超えて
チームを作るために政治的な努力も行ってきています。

しかも、この間も救命救急医としての仕事を並行して。

興味本位に調べ始めましたが、本当にすごい方ですね。

日々命と隣り合わせのドラマが起きている

前述の通り、ヘリが飛んだからと言って、
ドクターが患者を見るまでの時間が
他の地域より長いことに代わりまありません。

集中治療室でなければできないことも多く、
目の前でどんどん症状が悪化し、
命を落とすことも多いようです。

まさに、コードブルーのような現場ですね。。

ですが、これにはドクターヘリの運用上の制限が多いことも
原因の一つとなっています。

夜間や強風などの天候に対応できないのです。

ここでも、現実はドラマよりハードです。

今先生はドラマ並みの現場仕事をこなしながら、
ドクターカーの導入や出動体制の見直しなど、
運営的にも尽力されています。

この努力の裏には研修医の時の体験があるようです。

今先生は研究医の時に、担当の患者を救えなかったことが
あるそうです。

目の前で亡くなったことで、救命救急の技術が自分になかったことを
自覚したとのこと。

・・・とてもコメントすることができませんが、

現在までに先生が築き上げてきたものは、
この時の先生の覚悟によるものかもしれませんね。

以上!いかがでしたでしょうか?

大変感銘を受けましたが、
ドラマと比べるものではなかったかもしれませんね。

少しでも皆さんの話題作りのお役に立てたらうれしいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 八戸市民 より:

    他の記事もですが、
    この記事は特に誤字・誤記が多すぎます。
    もう少しきちんと校正されてから
    記事をアップされた方がよろしいのではないでしょうか?

    記事の内容ももう少し推敲されることをお勧めします。
    例えば、
    「青森県は本州の端で、多くのへき地があります。

     当然、医療が行き届いておらず、緊急の際は都市部から
     救急車などが向かいます。

     とても間に合うわけがありません。」

    ピントがズレています
    救急車が都市部にしか配備されていないわけではなく、
    郡部の消防署・分遣所にも救急車が配備されており、
    出動が重複した場合に、代わりの救急車の到着が
    都市部に比べ遅くなることはあり得ますが、
    全体的に見れば、郡部が救急車の到着が
    極端に遅いという事はありません。
    問題は、救急車の到着の後です。
    重傷者の処置を行える設備の整った医療機関は
    やはり都市部となりますので、
    その医療機関までの搬送に時間がかかることと、
    それに伴って、高度な技術を持った救急医が
    患者に接触するまでに時間がかかることです。
    事実、八戸ERでの出動の場合、
    ドクターヘリやドクターカーが現場に到着するより
    救急車の到着の方が早い場合がほとんどのようです。

    遠隔地へはドクターヘリにより素早く医師を派遣し、
    初期診療と応急処置を行い、
    さらにその後ヘリにより医療機関へ素早く搬送する。
    近傍へはドクターカーで医師を派遣し、
    初期診療と応急処置を行い、
    医師同乗の救急車で医療機関へ搬送する。
    (八戸の場合はどちらが有効か微妙な場合は
     ドクターヘリとドクターカー両方を派遣する
     「サンダーバード作戦」を行っている。)
    これが実態です。

    • 雑ネタ より:

      始めて頂いたコメントです。
      こんな小さなブログを見つけていただいて感謝します(^^)

      多くのご指摘ありがとうございます。

      誤字脱字が多いとのこと。
      全くその通りです。

      取り急ぎ、分かる箇所だけ修正しました。

      サンダーバード作戦、私もよく存じています。
      今先生に軽くはまったこともあり、その稼働経緯も含め、
      ブログや記事などを2日がかりで読み返しましたので(^^;

      救急車の下りは治療を受けるまでの時間を意図して書いたものです。

      八戸市民さんのご指摘通りにも読み取れると思いますので、
      ご不快に感じられるようでしたら修正または削除します。

      ただ、大変恐縮ですが専門的なことを発信するブログを目指しているわけではなく、
      私的な話題作りの内容を、備忘録を兼ねて書き溜めているブログとなります。

      ご了承の上、今後もこちらのブログを楽しんでいただければ嬉しく思いますm(_ _)m