今野玲央が情熱大陸で演奏するアラベスクとは?、コンサートやCDはあるの?箏(そう)とは?

今野玲央!

イケメンの若手ミュージシャンです。

箏(そう)という珍しい楽器を弾くことで話題を集めています。

そしてイケメン(重要なことn

そんな今野玲央さんが情熱大陸に出演。

ということで、早速今野玲央さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

今野玲央が情熱大陸で演奏するアラベスクとは?

まず思い浮かぶのはピアノの名曲です。

小中学校の音楽のクラスで習うと思うので、
皆さんも一度は聞いたことがあると思います。

オリジナルの作者はドビュッシーですね。

アラベスクの言葉自体は、本来装飾の様式を表すものです。

ですので音楽でもアラベスクを関する曲がたくさんあります。

出典:facebook.com

今回の曲は作曲家の吉岡孝悦が箏独奏のために書いたものです。

吉岡さんは作曲だけでなく、
マリンバ奏者としても日本を代表するほどの腕前です。

実はアラベスクは玲央さんが
全国中学生箏曲コンクールでグランプリを取った時の曲です。

とても難しい曲ですが、
完璧な演奏で当時大変な賞賛を受けたようです。

この時の玲央さんは中学2年生。

ものすごい才能ですね。

今野玲央のコンサートはいつ?CDもあるの?

普段はライブやコンサートはやっていないようです。

学生で、ご自身も箏の勉強中のためでしょうか?

公式に記録されているイベントは一つだけで、
玲央1stCDの発売記念ライブのみ。

ですが、玲央さんは東京藝大の2年生。

東京藝大の学祭で演奏する可能性が高いです。

玲央さんは邦楽科です。

学祭は9月、東京藝大のコンサート予定を追いかけていけば、
玲央さんの生演奏を聴くことができるかもしれませんね。

そして、去年発売記念ライブをしたCDは現在も発売中!

残念ながらアラベスクはありませんが、
独奏曲を中心に7曲も収録されています。

箏の独特な日本風の済んだ音色がとてもキレイです。

特に最後の「さくら変奏曲」は玲央さん作曲のオリジナル。

アラベスクとは全く違った、日本の情緒を感させる
素晴らしい音楽となっています。

今野玲央が演奏する箏(そう)ってどんな楽器?

出典:http://columbia.jp/

画像の通り、琴とよく似た楽器です。

琴と近い、音階に捕らわれない自由な演奏と、
他の弦楽器とは明らかに違う和の音色が特徴です。

バイオリンやベースなどに比べて奏者が少ないのは、
古典楽譜や基本の弾き方むずかしさが原因かもしれません。

特に特殊な奏法の習得が大変難しく、細やかな色付けは
ほとんど感性でやっている方もいるようです。

弾いている姿と音色は雅で美しいのですが、
私はとても難しい楽器だと感じました。

あと、値段が高いです。

練習用の小さなもので10万。通常の安いものは20万。
さらに、本格的なものを専門店で買うと百万近くします。

プロが使うような名品は通販サイトで見れるもので
200-300万円でした。

プロが使うものが何百万するのはどの楽器でも一緒ですが、
最初に用意するものが10万円だと高い部類だと思います。

一応、格安品もありましたが、
外国産で壊れやすいのだそうです。

最大の特徴である音色が出せないと元も子もないので、
こういう楽器に限っては格安品は除外ですね。

今野玲央についてのまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回の話を最後にまとめてみるとこのような感じです。

・今野玲央が情熱大陸で演奏するアラベスクとは?

箏独奏用のアレンジ曲で
全国大会でグランプリを取った曲。

・今野玲央のコンサートはいつ?CDもあるの?

コンサートは普段はやっていませんが、
CDだったら好評発売中!

・今野玲央が演奏する箏(そう)ってどんな楽器?

琴に近いけど、個人的にはやたらと難しい感じ。

本日の内容をまとめるとこの様な感じでした。

少しでも皆さんの話題作りのお役に立てたらうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク