渋沢栄一の孫鮫島純子は病気ゼロ?元気で長生きの秘訣は?健康法の本は?

鮫島純子!

資本主義の父こと渋沢栄一の孫として有名ですね。

最近は95歳とは思えないバイタリティで、
健康と長生きの秘訣が注目されています。

定番ネタですが、気になりますよね?

ということで、鮫島純子の健康法などについて調べてみました!

スポンサードリンク

渋沢栄一の孫、鮫島純子は病気ゼロ?

爆報!THEフライデーで病気ゼロと紹介されていましたね。

調べたところ、こちらの情報はおおむね本当のようです。

正確には3年前に帯状湿疹になっています。

なので、子供のころに水ぼうそうにもかかっていたはずです。

逆に言うと95年間でこれしか病気にかかっていません。

もっとも、ちょっとしたケガや、かぜ程度の体調不良は
ゼロではないと思いますが。

ちなみに、鮫島さんは帯状湿疹にかかった時に、
生活に支障が出るほどつらい症状を始めて経験し、大変な衝撃を受けたとの事。

後に本の中で体の不自由な人の気持ちを知ったと書かれています。

すごいエピソードですよね。

今までどれだけ健康だったのかがよく分かります。

病気がちな人にはうらやましい限りのはず。

そもそも、この健康が若いうちならまだしも、
90代折り返してこれだけ健康だと、何か秘訣があるはずですよね。

渋沢栄一の孫、鮫島純子の元気で長生きの秘訣は?

出典:https://www.asahiculture.jp/

ずばり姿勢をよくすることです!

健康についていろいろな発言をしていますが、
お祈りや食事を実践しても、まずは姿勢をよくしていなければ
効果がないというお考えのようです。

姿勢をピシッとすることで内臓の動きがよくなり、
血液も体液も体をよくめぐるようになるのだとか。

思わず、私も記事を書きながら姿勢を正してしまいます。

鮫島さんは講演活動も多くされていますが、
2時間を超える講演でもピシッと立ったままお話しされるそうです。

95歳と考えると脅威的に思えます。

他にも、感謝することや良く噛んで食べる事、腹八分目など、
昔から言われている知恵を数多く実践されているようです。

どのように言葉で表現してよいのか分かりませんが、
昭和の当たり前、と言ったらいいのでしょうか?

非常に古くて、取り留めのない事を実践しているように感じます。

半面、宗教的というか、奇跡というか、
鮫島さんがこのように健康で立派なことに、完全に納得できます。

一つ一つの教えを戒律のように守っているから、
このように立派な方だと感じるのかもしれません。

鮫島純子の健康法について書かれた本はあるの?

見た限りでは、全部の本に健康や長生きについて書かれていました。

講演でのお話も大体が健康や長生きについてでした。

そんな中でもおすすめしたいのはこの2つ。

出典:amazon.co.jp

こちらは2002年出版の古い本ですが、
前述の昭和の当たり前がまとめられた本です。

結果的に流行と関係のない本となっています。

よく「昔の日本の食べ物や習慣が良い」と言われますが、
その内容が具体的に紹介されることはほとんどありません。

この本はそういった内容と、
その行動に合わせたものの考え方が紹介されています。

出典:amazon.co.jp

こちらは前述の帯状湿疹を経験した後の本です。

より鮫島さん自身の事が書かれていて、
どうしてそれぞれの健康法を実践するようになったのか、
エピソードが語られています。

私は立派生き方だと感じましたが、
人によっては昔の年寄りのつまらない話と
一蹴されるかもしれません。

鮫島さんにとっては、生きていく上での心構え的なものも健康の秘訣のようです。

最近のいわゆる「健康法」のように、〇〇をすれば健康になる、
といった考えとは正反対ですね。

鮫島純子についてのまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回の内容をまとめてみるとこんな感じです。

・渋沢栄一の孫、鮫島純子は病気ゼロ?

ほとんど病気ゼロで間違いありません。

・渋沢栄一の孫、鮫島純子の元気で長生きの秘訣は?

姿勢をよくすること。

・鮫島純子の健康法について書かれた本はあるの?

どの本でも書かれていましたが、おすすめはこの2冊。

本日の内容をまとめるとこの様な感じでした。

少しでも皆さんの話題作りのお役に立てたらうれしいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク