吉田恵美の作品やデザイン(画像あり)、アメリカのインテリアデザイナー、年収、代表作は?(セブンルール)

吉田恵美!

アメリカで活躍する日本人のインテリアデザイナーです。

トランプ大統領をはじめ、アメリカの有名セレブの間では
一番人気なインテリアデザイナーとの事。

セブンルールにも出演して結構話題になっています。

番組でほれぼれする様なインテリアの映像が流れましたが、
せっかくなのでもっと作品やデザインを見せて欲しかったかも。

ということで、インテリアデザイナー吉田恵美について調べてみました!

ここまで有名になるきっかけを作った、
いわゆる代表作についても調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

セブンルールに出演した吉田恵美(インテリアデザイナー)の作品やデザインは?(画像あり)

番組本編は載せることができないので、
とりあえず未放送動画を載せておきます。

出典:youtube.com

恥ずかしながら吉田さんのことを知らなかったので、
アメリカで吉田さんの仕事を受けた方々のレビューを
調べてみました。

驚くことに、すべてのレビューが満点の評価。

コメント欄は吉田さんへの賛辞であふれかえっていました。

吉田さんの仕事で最も評価されていた点は
忍耐強さとプロ意識、予算感覚の3つです。

顧客との会話を大事にし、
必ず顧客のイメージを完璧以上に再現しているようです。

しかも比較的低予算で。

といっても安くても500万円で、
1,000万円前後の仕事が中心です。

日本人の一般的な収入では、
ちょっと手を出しにくいかもしれません。

そんな吉田さんの作品がこちら。

出典:https://www.houzz.jp/

この3枚は同じ家の別々の部屋です。

カジュアルですが爽やかで
居心地がよさそうな空間に仕上がっています。

続いての作品はこちら。

出典:https://www.houzz.jp/

さっきの作品と違って
日本の住宅に多い、清潔感あふれるデザインです。

吉田さんは作風というものがあまりないのか、
とにかく顧客の要望を大切にしてデザインを行うようです。

最後の作品はこちら。

出典:https://www.houzz.jp/

北欧風モダンな感じと言えばいいのでしょうか。

海外のホテルやロッジを連想する作りですね。

ですが、これも個人のお住まいです。

今回はあえて異なるデザインを選びました。

おそらく、こういった統一感のなさが、
逆に吉田さんの、顧客の要望第一という
仕事のスタイルを象徴していると思います。

しかも、どの系統のデザインも
大変な完成度で仕上げられています。

吉田さんのデザインの基礎力やセンスの良さが分かりますね。

もし私もインテリアに1,000万かけるとしたら、
絶対に吉田さんにお願いしたいところです(^^)

アメリカのインテリアデザイナーってそんなにすごいの?年収は?

軽く調べた感じですが、
向こうでは日本のインテリアデザイナーより
扱いや社会的地位が高いのかもしれません。

日本だと初任給は最低賃金(20万未満)から
始まるところも多いと聞きます。

会社員だと有名な方でも年収300万程度。

フリーでもおそらく最高で500万未満だと思います。

セブンルールを見ていると、
アメリカでの吉田さんの特別扱い感が感じられましたし、
先ほどお伝えした通り、仕事も1回500万以上です。

吉田さんの年収を計算してみます。

仮に1つのプロジェクトに半年かかるとします。

セブンルールによると同時に10作品手掛けているとの事。

ですので、1年に20作品を完成させると仮定。

それぞれ最低の500万円だったとしても年商1億円。

収益(年収)は最低3,000万といったところでしょうか。

最低でも日本人の10倍ということになります。

おそらく年収6,000万以上は言っていると思います。

吉田さんでなくても高収入です。

出典:https://www.glassdoor.com/

画像はアメリカのインテリアデザイン事務所の給料。

年収が平均で5.5万ドルぐらい。

日本円換算で600万円です。

吉田さんはその中でもトップクラスなので、
彼らの10倍の収入があるということですね。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク