広島中央警察署現金盗難事件犯人は死亡警官でギャンブル好き、名前と顔画像、盗んだ理由なぜ

広島中央警察署厳禁盗難事件犯人!

2017年5月の詐欺事件押収品の現金
8さん万円以上が盗難された事件。

広島県警はうやむやに誤魔化そうと
管理職がお金を出して事件終了を
宣言したことで世論から大バッシング。

今度はギャンブル好きの死亡した
元警官が犯人だったと公表しました。

犯人の名前と顔画像、盗んだ理由が
なぜなのかが気になります。

そもそも犯人の警察官はなぜ死んだのでしょうか。

ということで
広島中央警察署厳禁盗難事件犯人
について調べてみました!

広島中央警察署現金盗難事件犯人はギャンブル好きですでに死亡した警官

ニュースの内容はこんな感じ。

 2017年5月に広島中央署で特殊詐欺事件の証拠品として保管されていた現金8572万円の盗難が発覚した事件で、広島県警が、事件後に死亡した当時30代の男性警察官が関与していた可能性が高いとみて、窃盗容疑などで容疑者死亡のまま書類送検することを検討していることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、盗まれた現金は見つかっておらず、物証が乏しい中、状況証拠を積み重ねるなどして慎重に捜査を進めている。

男性警察官は17年3月まで広島中央署生活安全課に勤務。ギャンブルで同僚らから借りていた数千万円を返済しているが、出所が不明だった。

出典:headlines.yahoo.co.jp

事件があったのは2017年5月8日20時過ぎ。

場所は広島中央警察署の金庫。

押収品の8572万円が盗まれました。

2年が経って今月5日に
全金額を幹部が自腹で補填すると
広島中央警察署がマスコミに宣言。

明らかに犯人をかばって
うやむやに終わらせようという姿勢に
市民から大バッシングを受けていました。

それから2週間後の今日、
突然犯人が死亡した警官であることを公表。

2年間捜査して分からなかったことが
2週間で判明するわけがありません。

隠ぺい使用をしていたことを
逆に世論に知らしめる結果になっています。

犯人は分かっていれも書類送検は
するかどうか判断に迷っている様子。

ただし死亡した警官が現金盗難直後に
出どころ不明の数千万円を
他の警官に渡したことは判明しています。

証拠よりも心情的に
書類送検したくないという事でしょう。

事件の金額が金額なだけに
書類送検すれば犯人の名前が公表されるはず。

警察は身内をかばいますから
メディアにさらしたくないということですね。

↓↓警察幹部が盗まれた現金立替を発表↓↓

広島中央警察署現金盗難犯人は特定されていて上層部が隠蔽?幹部の責任問題と処分、SNSの反応

広島県8572万円押収品盗難犯人の死亡警官の名前と顔画像、盗んだ理由なぜ

顔画像

現在調査中。

名前と経歴、プロフィール
名前 不明(男性)
年齢 事件当時30代
住所 広島県
学歴 不明
職業 元広島中央署生活安全課(警部補)
家族 家族と同居

2017年3月に何らかの理由で退職。

盗難が発覚する2カ月前。

同僚から金をだまし取っていたそうなので
おそらく懲戒免職だと思われます。

ギャンブルで数千万円の借金もあり
そのことでも何度も注意されていたはず。

署内でも最低評価のクズ警官だったのかも。

2017年9月に自宅で死亡。

盗難から4か月後。

第一発見者は家族なので
当時は家族と同居だったと思われます。

家族がいる自宅で他殺はないでしょうから
病死か自殺の2択。

借金や懲戒免職、ギャンブル中毒と
いうことを考えると自殺の可能性が高そう。

現金を盗んだ理由

ギャンブルの借金数千万円を返済するため。

同僚から数千万円を借りていたということは
街金融や闇金からも相当額を借りていたはず。

でもパチンコでその規模の金額を失うのは
日中働いてる人なら5年10年はかかるはず。

違法なギャンブルをしていた可能性もありそう。

自殺他殺なぜ死んだ、消えた現金はどこ、死人に口なし、なぜ今更、SNSの反応

SNSの反応はこんな感じ。

これで事件終結じゃないだろうな。
確かに亡くなった警察官が一番怪しいが、肝心の現金がどこに消えたのか、何故警察官が亡くなったのか(自殺なのか他殺なのか)二年以上捜査してるんだから、せめて今把握してる事くらい包み隠さず公開してほしい。

現金の行方と犯人の死因の情報公開希望。

まあ今回のニュースはどちらも
暗に公表したようなもの。

現金の行方は同僚への支払いに。

死因は退職後に自殺ということでしょう。

死人に口なし
全ての責任を被せられて、これで事件は終わりってなりそうで怖いな

仮に書類送検したとしても
納得しない人が多いようです。

先に2年間隠ぺいしたことで
かなり悪い印象を持たれてる感じ。

死亡していたならある程度予測はついていたでしょうに、今頃になって…ずさん以外の何者でもないですね。

今頃になって発表したことで
今回も批判の対象になってる様子。

なぜ今頃になって公表されたのだろうか。

せめて2月5日の発表時に
合わせて公表した方が良かったのに。。

自殺したのでしょうか

状況から自殺のようですね。

ギャンブルで数千万の借金って…

法外なレートの賭けマージャンや
競馬などなら数千万はあっという間。

違法カジノでも1日100万以上
負けることがあります。

そういう博打をしていたのかも。

パソコンやスマートフォンは調べたのかな

書類送検していないので
押収品にはなっていないはず。

家族が捜査に任意協力してくれれば
調べることはできたかもしれませんが
捜査されていないとみて間違いないでしょう。

すぐにわかりそうだが!
何年かかった?

すぐに分かったけど
隠ぺいしていたということですね。

隠ぺいにならないようにするために
あえて証拠も調べなかった可能性もありそう。

捜査の早い段階で事件簿に関与したと思われる死亡した警官の話しは出ていた。
なんで 発表までこんなに時間が掛かったのか
わからん。なんかキナ臭い匂いがする。
広島県警のやることは信用度に欠ける。
死人にくちなしとは良く言ったものです。

すでに信用がた落ちの広島県警は
やることなすこと全てに批判が。

だからと言って事件を放置すれば
よけいに信用が下がるでしょうし
広島県警も八方塞がりな感じなのかも。

まあ、身から出た錆ですが。

で、一体お金はどこに行ったの?
それが分からないのに死人に罪を押し付けて迷宮入りですかい??

最低でもお金がどこに行ったのかは
予測で良いから発表するべき。

多少の納得感がないと信用できませんし。

広島中央警察現金盗難事件の真犯人と黒幕説

SNSに死んだ警官が犯人に仕立て上げられてる
的なコメントも度々あったので
真犯人がいるとしたら誰なのか予想してみます。

まず広島中央警察署は監視カメラもある
かなり大型のビル。

留置所などの都合で24時間警官もいます。

外部の人間の出入りもありますが
立ち入り禁止エリアに
人目に触れずに入るのはほぼ不可能。

盗まれた現金は広域詐欺事件の押収品。

当時広島県警350人以上動員で
ようやく逮捕した事件でした。

押収品の現金が保管されていたのは会計課。

驚くことに1階にあります。

外部への支払いを楽にするために
そのようにしたのでしょうが、
警察のすべてをお金を接しやすいように
1階に置いておくというのはあまりにも不用心。

盗難の第一発見者は会計課長。

普通に業務していて突然
「不審に思った」と金庫を開けて発覚。

ただし当時金庫のカギを管理していたのは
会計課長ただ一人のみ。

なぜかその日だけ課長の机の引き出しに
金庫の鍵がそのまま放置されていたようです。

課長の机の引き出しにも
カギはかかっていなかった様子。

金庫開けっ放しとほぼ同じ状況。

ネットでは会計課長犯人説が
長い間ささやかれていました。

ちなみに金庫の周囲にも
防犯カメラはしっかり設置。

当日の犯人は映像が残っているはず。

今回の発表のように曖昧にしなくても
黙って動画を公開すればいいだけの話。

動画を隠すのには何か意味があるのかも。

その後署長になりたての井本雅之が
1年で所長の座をはずされました。

現金盗難の責任を取ったとみるべきでしょう。

ということで黒幕がいるとしたら状況から
当時の会計課長か井本雅之元署長。

この2人に絞られます。

この二人が犯人だった場合
同僚から数千万円の借金というのも
盗んだ金をごまかすための嘘
という可能性すら出てきます。

金を返済された同僚警官についても
是非くわしく報道して頂きたいところ。

広島中央警察署現金盗難事件犯人についてのまとめ

以上いかがでしたでしょうか?

本日の内容をまとめてみると
このような感じです。

広島中央警察署現金盗難事件犯人はギャンブル好きですでに死亡した警官

すでに死んだ警官が盗まれた時期に
出どころ不明の大金を手にしていたっぽい

広島県8572万円押収品盗難犯人の死亡警官の名前と顔画像、盗んだ理由なぜ

ギャンブル中毒で数千万借金があって
盗難から4か月後にじさつしたっぽい

自殺他殺なぜ死んだ、消えた現金はどこ、死人に口なし、なぜ今更、SNSの反応

犯人が分かっても納得してない人がほとんど

本日の内容をまとめてみると
このような感じでした。

少しでも皆さんの話題作りの
お役に立てたらうれしいです。

↓↓警察幹部が盗まれた現金立替を発表↓↓

広島中央警察署現金盗難犯人は特定されていて上層部が隠蔽?幹部の責任問題と処分、SNSの反応

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク