サボテン万引き犯人の顔画像、プロフィール、SNS(小林出)

サボテン万引き犯人!

逃げるときに警備員に
重傷を負わせていますが、
それ以外は普通の万引き。

ですが少し小馬鹿にしたくなる
なんとも痛々しい犯人の
振る舞いがネットで話題に。

なんだかとっても気になります。

ということで、
いったいどの辺が面白いのか、
犯人の顔画像や経歴、
プロフィールと合わせて
調べてみました!

スポンサードリンク

サボテン万引き犯人はどうして話題になってるの?

まずはニュースの内容。

 東京・中野区のホームセンターでサボテンを万引きし、警戒中の保安員を殴ってけがをさせたとして45歳の男が逮捕されました。

小林出容疑者は先月、中野区のホームセンターで鉢植えのサボテン4つを盗んで、逃げる際に万引きに気付いた保安員の男性(73)の顔を殴るなどして全治1カ月の重傷を負わせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、事件後、現場から逃走していた小林容疑者が、今月、盗まれたサボテンの画像をSNSに公開していたのを捜査員が発見したということです。捜査員は、画像に写る窓の風景などから小林容疑者の家を特定しました。取り調べに対し、小林容疑者は「万引きしたら離してくれなかったので殴った」と容疑を認めています。

出典:headlines.yahoo.co.jp/

事件の内容は万引き暴行

万引きしたものはサボテン4鉢

暴行した相手は73歳の警備員で、
全治1カ月の重体

逮捕のきっかけはSNSへ
盗んだサボテンを投稿したこと。

ネットでの反応はこんな感じ。

出典:twitter.com

とにかくウケている模様。

今年のベストニュース扱い

おっさんニュース年録は
毎年おっさんが引き起こした
残念感半端ないニュースが
記録されるようです。

万引きがニュースで報道されること自体
結構ツボな様子。

サボテン4鉢は数千円程度のはず。

その為に70台のおじいちゃんに
重傷を負わせて指名手配犯は
今後二度と起こらないくらい
残念な感じがあります。

逮捕後の子供のような発言も
面白がられる要因に。

繋げるとこんな感じ

  1. サボテンをレジを通さずに持ち出す
  2. 73歳の警備員に掴まれる
  3. 犯人「万引きするから離して欲しい」
  4. 警備員「絶対に離さない」
  5. 犯人が73歳警備員に暴行
  6. 自宅に帰って盗品をSNSにアップ
  7. SNSの写真が警察に見つかって逮捕
  8. 観葉植物が好きだった供述

ふつうにコメディなんですが
どうしてこうなったのでしょう。。

サボテン万引き犯人小林出の顔画像とプロフィールは?

顔画像は公開されています。

出典:headlines.yahoo.co.jp

意外と整った顔なので、
一連の面白さに拍車が(笑)

プロフィールはこんな感じ。

名前 小林出
年齢 45歳
住所 板橋区内のアパート
職業 無職(ヒモ?)
家族 彼女?(アパートの持ち主)

無職で女性の家に転がり込んでいる
ということは、いわゆるヒモですね。

しかも万引きしたサボテンを
持って来たのに、知人の女性が
家に入れたのは驚きです。

小林出容疑者と
恋人関係だったのでしょうか。

小林容疑者も
そこまでかくまってもらって
SNSに自分から写真を
アップするとか。。。

サボテン万引き犯人小林出が特定されたSNSは?

SNSはインスタだったようです。

小林出に似たアカウント名との事。

というか45歳無職ヒモなんだから
インスタやってないで働けと。

私も調べてみましたが
特定には至りませんでした。

これを特定した警察官って
かなり優秀かもしれません。

その代わりを言っては何ですが、
ホームセンターが特定できました。

島忠・ホームズ 中野本店

出典:http://news.tbs.co.jp/

ニュースに犯行現場として
写っていた和田本町交番から
最も近いホームセンターです。

警備員の画像もありました。

出典:ounan-suginami.blogspot.com

古い画像ですが被害者は73歳なので、
画像の警備員が被害者かも。

サボテン万引き犯人についてのまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

今回の話を最後にまとめてみると
このような感じです。

・サボテン万引き犯人はどうして話題になってるの?

犯人の行動や発言の残念感が
結構ハンパない感じ

・サボテン万引き犯人小林出の顔画像とプロフィールは?

45歳無職のヒモっぽい

・サボテン万引き犯人小林出が特定されたSNSは?

インスタっぽい

本日の内容をまとめると
この様な感じでした。

少しでも皆さんの話題作りの
お役に立てたらうれしいです。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク