佐孝英司(さこえいじ)猟銃誤射で人間を射殺(北海道恵庭市)事故原因、顔画像、経歴は?

佐孝英司(さこえいじ)猟銃誤射!

北海道恵庭市で人間を射殺。

しかと間違えたそうですが
猟銃で撃たれるってかなり怖い。。

事故原因はいったい何なのでしょうか。

犯人の顔画像と経歴も気になります。

ということで
佐孝英司(さこえいじ)猟銃誤射
について調べてみました!

スポンサードリンク

北海道恵庭市佐孝英司(さこえいじ)が猟銃誤射で人間を射殺

ニュースの内容はこんな感じ。

20日、恵庭市の山の中で国の森林事務所の男性職員が猟銃で撃たれて死亡し、警察は現場近くで鹿狩りをしていた49歳のハンターを業務上過失致死の疑いで逮捕しました。
警察によりますと、調べに対し容疑を認め、「動物と間違えて撃ってしまった」と供述しているということです。

逮捕されたのは札幌市中央区の自営業、佐孝英司容疑者(49)です。警察の調べによりますと、佐孝容疑者は20日午後2時ごろ、恵庭市盤尻の山の中で林野庁の恵庭森林事務所の職員で千歳市大和の菅田健太郎さん(38)を猟銃で撃って死亡させたとして、業務上過失致死の疑いが持たれています。
菅田さんは当時、別の職員と現場の国有林で林道を整備する作業にあたっており、佐孝容疑者はそこからおよそ130メートル離れた場所で鹿狩りをしていたということです。
警察によりますと、調べに対し容疑を認め、「動物と間違えて撃ってしまった」と供述しているということで、警察は当時の状況を詳しく調べています。

出典:www3.nhk.or.jp

事件が起きたのは昨日20日。

場所は北海道恵庭市盤尻。

猟銃を打ったのは札幌のハンター。

たまたま森の整備に来ていた
市の職員に発砲したとの事。

整備作業の場所と狩りをしていた場所は
たった130mしか離れていなかったそうです。

けっこう近い。

野球でいったらホームベースから
外野フェンスぐらいでしょうか。

手足の動きまでよく見える距離です。

山は枯れ木だらけで見通しもいいのに
なぜこんな環境で誤射なんて。。

とても悔やまれます。

スポンサードリンク

猟銃誤射で人間を射殺した佐孝英司(さこえいじ)の顔画像と経歴は?

顔画像

プロフィール
名前 佐孝英司(さこえいじ)
年齢 49歳
住所 札幌市中央区
学歴 不明
職業 美容室RAGGA(ラガ)オーナー、スタイリスト
猟師(ハンター)
家族 妻、子供

高齢化の進むハンター業界では
49歳は若手のようです。

貴重な人材が一人減ってしまいました。

美容室を経営していました。

住所が中央区ですし
下が珍しい名前なので間違いないかと。

美容室の住所

北海道札幌市中央区南1条西1丁目3 板谷ビル3F

超一等地。

相当は流行ってたのでしょう。

商業ビルなので住んでいるのは
このビルではないと思います。

この美容室のブログに
妻と子供の事が書いてありました。

結婚していて子供もいるようです。

誤射とは言え父親が殺人というのは
子供がいじめられそうで心配。。

住んでいた札幌の中央区は
やや家賃高めのエリアが多いです。

すすきのがあるのも中央区。

ハンターって慈善事業っぽくて
儲からないイメージですけど
北海道は意外とバブリーなのかも。

もしくは美容室の収入で生活して
ハンターは趣味枠なのかも。

北海道は全国の中でも
ぶっちぎりで猟師が多い地域。

猟友会に登録している人数だけで5,344人。

猟銃と免許もってる人も合わせれば
さらにその何倍もいるはずです。

他の地域に比べて仕事が
多いのかもしれません。

そう考えると佐孝英司さんも
けっこう頻繁にハンティングしていたはず。

趣味枠だったとしても
経験値は高いと思います。

なぜ今日に限って誤射なんて
してしまったのでしょう。

佐孝英司(さこえいじ)が猟銃誤射で人間を射殺した事故原因はなぜ?

動物と間違えて撃ってしまったとの事。

この場所ではシカを狩りするようです。

札幌から30分ちょっとなので
札幌のハンターが狩りに来ることは多いでしょう。

むしろ札幌の管轄と言えます。

佐孝英司さんにとってもホーム的な狩場のはず。

時期的には木が枯れて食べ物も減り
鹿が人里に近づいてくる時期。

枯れ木で見通しも良いので
ハンターにとっては稼ぎ時のはず。

時間的にも午後2時は
周囲も明るく眠気も少ない好条件。

考えられるとすれば
食後の眠気ぐらいでしょうか。

まあ、ハンターは狩りの途中は
食事をしないと聞きますので
食事はしていないと思いますが。

市の職員を射殺した時の距離は130m。

ハッキリ言ってかなり近いです。

野球の外野が遠投で投げれる距離。

そもそも130mでハンティングって
一般的なのでしょうか、

猟銃は狙撃中の一種だと思いますが
そのくらいの距離は近すぎる気がします。

と思って調べてみたら、
日本の猟銃は重心をカットして
使うことが多いようです。

そうすると有効射程は100m。

むしろ今回の誤射は
有効射程外からの長距離狙撃
だったことが分かりました。

むしろ有効射程外から
当てたのであれば佐孝英司さんは
相当な腕前の猟師だったのでしょう。

ここまでの情報を考慮すると
やはり見間違いぐらいしか考えられません。

でも勘違いで凄腕のハンターに
狙撃されたら絶望しかありません。

死んでも死にきれない。

佐孝英司(さこえいじ)猟銃誤射についてのまとめ

以上いかがでしたでしょうか?

本日の内容をまとめてみると
このような感じです。

北海道恵庭市佐孝英司(さこえいじ)が猟銃誤射で人間を射殺

近くで森を整備していた市の職員を射殺

猟銃誤射で人間を射殺した佐孝英司(さこえいじ)の顔画像と経歴は?

佐孝英司(さこえいじ)が猟銃誤射で人間を射殺した事故原因はなぜ?

本日の内容をまとめてみると
このような感じでした。

少しでも皆さんの話題作りの
お役に立てたらうれしいです。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無しさん より:

    容疑者が経営してる美容室に顔写真あったわ
    新規のネット予約受け付けてないってそらそうだわな、子育てって書いてあるから妻子おったんやなぁ、狩猟者のクッソ基本的な矢先、標的の確認を怠っただけでもう人生終わりだわな、まぁ仕方ないやろ他人の人生終わらせとるんやし