塚原夫妻無罪、理由と調査報告の内容、高須克弥院長激怒、パワハラ被害者宮川紗江の反応は?

塚原夫妻無罪!

宮川紗江へのパワハラで騒がれていましたが
パワハラがなかったことが証明されました。

つまり被害者の宮川選手の証言が
嘘あつかいされたということ。

高須克弥院長も激怒してる様子。

被害者の宮川紗江の反応は
どんな感じなのでしょうか?

無罪の理由と調査報告の内容も気になります。

ということで塚原夫妻無罪
について調べてみました!

宮川紗江へのパワハラ問題で塚原夫妻無罪と第三者委員会が報告

 塚原夫妻は“無罪”-。2016年リオデジャネイロ五輪体操女子代表の宮川紗江(19)=高須クリニック=が日本協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の塚原光男副会長(70)からパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、日本協会は10日、パワハラに該当する事実はなかったとして塚原夫妻の一時職務停止処分を解除した。これを受けて、宮川は代理人を通して複雑な心境を吐露した。

パワハラ無罪が発表されたのは10日。

代理人とは山口政貴弁護士の事。

↓↓山口政貴弁護士についてはこちら↓↓

山口政貴(やまぐちのりたか)経歴、プロフィール、評判

記事の続き。

宮川側と塚原夫妻の“対立”が再燃しそうな雲行きだ。日本協会はこの日夜、東京都内で臨時理事会を開き、問題を調査した第三者委員会の報告書を承認。塚原夫妻の言動に不適切な点があったとしつつ、パワハラとは認定しなかった。

「信じられない。何でこんな結論が出たんだろう」。宮川の代理人は、パワハラが認められなかったことについて宮川がこう漏らしていたことを明らかにした。

第三者委員会は宮川紗江選手の指摘を
一部認めつつパワハラを否定。

詳細な調査内容が確認できませんが
どういう根拠で否定したのでしょうか。

そもそも第三者委員会に
調査依頼をしたのは日本体操協会自身。

日本体操協会はもともと
パワハラの事実はなかったとの立場。

十分な証拠書類を
提出しなかった可能性もあります。

記事の続き。

宮川は8月に会見を開き、速見佑斗コーチ(35)の暴力指導の問題に端を発して塚原夫妻から高圧的な態度を取られたと告発した。塚原夫妻は主張の一部を否定したが、調査の結論が出るまで一時職務停止とされていた。

この日公表された第三者委の報告書では、速見氏の指導継続を希望する宮川と家族に対して千恵子本部長が「宗教みたい」と発言したことなど「配慮に欠け不適切な点が多々あった」と断じたが、パワハラとは認定しなかった。

理事会後に会見した協会の山本宜史専務理事は「パワハラではないけれども、それに準ずるようなことがあった。協会としても改善しないといけない」と説明した。

報告書でいう不適切な発言は
宮川紗江自身のコメントよりも
かなり軽いものに置き換わっています。

第三者委員会はニュースに出ていた内容すら
無視しているようですね。

塚原夫妻自身が認めた暴言すらスルー。

速見佑斗コーチの体罰はすぐに認めたのに
この温度差は何なのでしょうか。

第三者委員会って公平性が売りだったはず。

それなのにまるで日本体操協会と
照らし合わせたかのような内容です。

記事の続き。

協会によると、光男副会長は理事会に出席して「お騒がせし、体操界の名誉を傷つけた」と謝罪したという。千恵子本部長について山本氏は「コメントを出して(現場に)復帰してもらう。真摯に受け止めることが前提」とした。第三者委は会見を開かなかった。

協会は、第三者委から提言されたコンプライアンス(法令順守)の確立などを検討する「提言事項検討委員会」と、一連の騒動の問題点を検証する「特別調査委員会」の設置も決めた。

代理人を通して協会の判断に“不満”を漏らした宮川はツイッターで「色々と複雑な心境」があると本音を吐露。今月から徳洲会体操クラブで練習できるようになったと明かし、「感謝してこれから頑張っていきたい」とつづった。

出典:www.iza.ne.jp

第三者委員会は調査報告について黙秘。

しかも問題の塚原夫妻は復帰との事。

近いうちに役員に戻るでしょう。

選手がノイローゼになるほどの被害を受けて
加害者の2人も非を認めているのに
パワハラではないとされるなら
今後体操協会ではどんな暴言も
許されるとお墨付きをもらったようなもの。

復帰する2人の安どする顔が目に浮かびます。

なんだか納得のいかない結果ですね。

ネットの反応を見てもモヤっとしている人は多そう。

塚原夫妻無罪の理由はなぜ、第三者委員会の調査報告の内容は?

公表はされましたがまだ一般公開されていません。

一般公開が確認でき次第追記したいと思います。

塚原夫妻無罪に高須克弥院長激怒

報道中宮川紗枝選手を守ってきた
高須克弥院長の激怒っぷりがニュースに。

8月のパワハラ告発以降、宮川を支援している高須クリニックの高須克弥院長(73)も、協会の判断に早速ツイッターで反応した。第三者委が「パワハラと感じさせても仕方ない」と報告書に記したことについて、「感じさせてしまったらパワハラ。なぜ『なかった』結論になるのかな?」と疑問視。「第三者が被害者の心情を理解できるのか?」とも指摘した。

出典:www.iza.ne.jp※一部抜粋

この他にもこんな発言をツイート。

  • 被害者が不快や苦痛を感じるのがハラスメントです。 第三者にはわかりません。 被害者の宮川紗江選手はコーチのスパルタ式指導をハラスメントと感じていません。塚原夫妻の指導にハラスメントを感じているのです。 本当に選手ファーストなら被害者を救済し、現状復帰すべきだと思うのですが・・・
  • セクハラもパワハラもハラスメントは被害者の心情だよ。 第三者が被害者の心情を理解できるのか? すごく変だと感じるのは僕だけかな?
  • 全て予想通りです。 僕は塚原夫妻が戻ることには反対しません。 「選手ファースト」です。 宮川紗江選手の練習環境も戻してあげてください

お怒りとともに呆れた感じが伝わります。

ここまでの流れは予想通りとも言っていました。

第三者委員会は公平だけど
ハラスメントの定義と被害者の心情を
読み間違えていることが原因としています。

私個人的には第三者委員会が
意図的に不公平なジャッジをした
としか考えられません。

高須院長はかなり優しい方ですね。

塚原夫妻無罪でパワハラ被害者宮川紗江の反応は?

宮川紗江の反応もニュースに。

代理人弁護士の山口政貴氏によると、同氏が調査報告書の内容を電話で宮川に伝えたところ、第一声で「信じられない」と発言したという。山口氏は宮川の様子について「とにかく落胆していた」と説明。「本人は2年を切った東京五輪に向けて競技に集中したいと考えている。今後、会見などを行う予定はない」と話した。

今後の対応などは宮川本人や家族らと協議した上で検討する。一方で山口氏は私見とした上で「あまりにもパワハラ(認定)のハードルが高い。そこまで(条件を)書かれると、何もパワハラにならない。もう少し緩和しても良かったのではないか」と述べた。「勘ぐれば、結果ありき(の調査)ではないか」と第三者委員会への不信感を表明した。

出典:livedoor.com

宮川紗江自身の反応の他に
山口弁護士のコメントが載っています。

山口弁護士は今回の結果に
思いっきり不満そうな感じ。

どちらかと言うと識者というより
自分たち市民よりの受け取り方ですね。

逆に被害者の宮川紗江選手の方が
大人な心持のようです。

自分のツイッターではこんな反応。

  • 色々と複雑な心境もありますが、沢山の支えでこれからも頑張っていけそうです。 12月より徳洲会体操クラブさんから練習場所の提供をしてもらえる事が決まりました。高須院長はじめ徳洲会体操クラブさんに感謝してこれから頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします。

とてもいい子ですね。

頑張って欲しいです。

塚原夫妻無罪についてのまとめ

以上いかがでしたでしょうか?

本日の内容をまとめてみると
このような感じです。

宮川紗江へのパワハラ問題で塚原夫妻無罪と第三者委員会が報告

塚原夫妻無罪の理由はなぜ、第三者委員会の調査報告の内容は?

塚原夫妻無罪に高須克弥院長激怒

塚原夫妻無罪でパワハラ被害者宮川紗江の反応は?

本日の内容をまとめてみると
このような感じでした。

少しでも皆さんの話題作りの
お役に立てたらうれしいです。

関連記事広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク